Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

鼻柱整形

※回復期間、入院及び来院スケジュールは個人差があり得ます。
  • 手術時間
    30分
  • 麻酔方法
    部分麻酔
  • 入院の有無
    不要
  • 糸屑除去
    約5日
  • 治療
    2回
  • 回復期間
    約1週

鼻柱の整形とは?

低い鼻は東洋人の典型的な鼻形であり、眉間が広く見えて、顔の立体感が落ち、平面的に見える場合が多いです。このような場合、鼻柱の整形(隆鼻術)で顔のバランスをとることができて立体感を与え、洗練された印象を与えることができます。
鼻は実際に鼻骨だけでなく、中顔面部(顔中央)の骨の発達とも関連が多く、貴族手術が同時に行われる場合も多いです。鼻もまた静的な面と動的な面が同時にありますが、狎鴎亭YK整形外科では、ダイナミックな鼻の整形を通じて一人一人の顔に合ったオーダーメード型の鼻柱整形(隆鼻術)を施行します。

鼻柱整形が必要な場合

1鼻が全体的に低くて顔が地味に見える場合

5鼻が幅広くて低い場合

2眉間の部分が狭く、目の間が広く見える場合

4鼻の全体的な長さが短い場合

3鼻の傾斜がとてもゆるやかな場合

理想的な鼻の高さ

鼻柱口唇角
口唇角

鼻の整形において最も重要な部分のうちの一つは鼻と額の関係、鼻と唇との関係です。狎鴎亭YK整形外科の鼻の整形は単純に鼻を
高めることで終わらず、顔のライン全体を考慮し、鼻の形はいうまでもなく、長さと高さ、ラインなどを考慮して自然な鼻のラ
インを完成させます。

狎鴎亭YK鼻柱の整形の長所

01

手術部位の繊細な切開により、
組織の損傷を最小化し、
手術後の腫れや傷跡
が少ないです。

02

額と鼻、鼻と唇との離れ
た理想的なラインを考
慮して手術します。

03

他にも顔の特性との調和に
基づいてデザインします。

鼻柱の整形保形物の種類

YKでは低い鼻の整形時にはシリコンと自家組織のみを使います。自家組織が最良いですが、自家肋骨を使わない限り、組織の量が不十分なため、人工物質を使ってはじめて美的に満足を得ることができます。

自家組織

鼻中隔軟骨

콧대성형 보형물

屈曲がなく平たくて鼻尖以外にも鼻柱を立てるか、
鼻の長さを延長する時に主に使用

自家真皮

콧대성형 보형물

やわらかい触感はあるが、繊細であるか、
素早い模様(形)を作るのに限界があり、再手術時に主に使用

自家脂肪

콧대성형 보형물

異物感や副作用が殆どなく、
自然な鼻柱を作ることができ、吸収される

耳の軟骨

콧대성형 보형물

屈曲した形をしていて鼻尖の形を補強するのに適合

肋軟骨

콧대성형 보형물

肋骨の端の部分にある軟骨であり、
鼻、鼻尖、鼻中隔を矯正するために使用

筋膜

콧대성형 보형물

筋肉の外側を被う繊維性の膜であり、
皮膚が薄い人に効果的

人工保形物

シリコン

콧대성형 보형물

鼻の整形に最も多く利用され、手術後に形が変わるか、吸収されずに、鼻のラインを作るのに適合した材料

シリコンを主に利用する理由

長い間利用して、その安定性を信じるだけでなく、希望する場合、いつでも除去が手軽であり、感染にも強い方で、自家組織と共に使えば、副作用なく満足な結果を得ることができます。