深部頬リフティング

※回復期間、入院及び来院スケジュールは個人差があり得ます。

  • 手術時間
    30分
  • 麻酔方法
    睡眠麻酔
  • 入院の有無
    不要
  • 糸屑除去
    不要
  • 来院治療
    1回
  • 回復期間
    約1週

深部頬とは?

深部頬と呼ばれるこの部分は、頬の内側咬筋の下側にある脂肪の塊が袋の中に入っているもので、
正確な名称は峽部脂肪(buccal fat pad)といいます。
深部頬はピンポン玉ほどの大きさで、頬から側頭部までつながっていて、頬のボリューム感を助けてより若く見える童顔効果をも与えます。しかし、過度に発達した場合、つむじ曲がりのように見えるか、時間が経過すると下に落ちるので、ブルドッグのように見えるなど、顔全体の印象にも良くない影響を与えることになります。すなわち、深部頬が適当であれば、ボリューム感を出して童顔効果がありますが、過度になれば、弛む主な原因となります。

深部頬リフティングとは?

深部頬リフティングは、深部頬の除去手術とは異なり、深部頬の脂肪をなくさず、
そのまま生かしてリフティングをして、弛みと膨らみを改善する手術です。

深部頬の脂肪は他の脂肪と異なり、非常に硬くて丈夫であり、むやみに除去すれば、
むしろ弛みがさらにひどくなるか、陥没が発生する可能性があります。
そのために、むやみに深部頬の脂肪を除去するよりは、リフティングをして、老化が進んでボ
リューム感が消える10年~20年後の結果を考えた方が良いです。

深部頬リフティングが必要な場合

01

年をとって頬の肉が
弛み始めた場合

02

ほほ骨の縮小術後又は両
顎手術後、頬の弛みが生
じて、両側の口元が腫れるように出てきた場合

03

쁘띠 시술로
효과를 못 보신 분들

04

탄력 있는 얼굴을
가지고 싶은 경우

05

양악수술,안면윤과
수술 후 처짐 증상이
있으신 분들

06

오래 쉴 수 없어
빠른 회복을 원하는 경우

深部頬リフティング手術の方法

삼백안

STEP 01

口内の切開

화살표
삼백안

STEP 02

深部脂肪を探す

화살표
삼백안

STEP 03

深部脂肪を上側に位置させて上顎に固定する

화살표
삼백안

STEP 04

口内切開を縫合する