童顔/リフティング

Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

狎鴎亭YK整形外科の
童顔/リフティング整形

老化がくるのはごく当然のことですが、その老化した皮膚と組織
をうまく引っ張って、人為的でなく自然な姿で時間に逆らって、
10年前の姿を取り戻して差し上げます。

Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

狎鴎亭YK整形外科は長続きします。

リフティングで最も重要なのは効果の持続期間です。老化が
進んだだけ皮膚組織と弾力を考えて、それ合った施術法を適用させて、
長く美しくみえるようにします。

Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

狎鴎亭YK整形外科は正確です。

ただ一つの結び目をしても、熟練した手術技術で正確に執刀します。
専門医の正確な診断により、手術の正確度を高め、患者様と病院全員が満足
することができるようにします。

Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

狎鴎亭YK整形外科は勉強します。

よりすぐれた美しさと患者様の安心な医療サービスの
ご提供のために、弛まず研究と努力をいたします。

Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

童顔/リフティング分野の狎鴎亭YK整形外科学術/研究活動です。

学会受賞

Aesthetic Plastic surgery 2015ポスター発表部門最優秀賞受賞、2015

Poster Title : Intreoral malarplasty with subperiosteal endoscopic forehead and midface lifting
学会活動

ISAPS congress 2014 Rio de Janeiro, Brazil学会講義. 2014

Lecture on ISAPS Congress 2014 in Rio de Janeiro, Brazil. 2014
Dual plane intraoal Fat Graft for Midface Rejuvenation: Muscle Unit Graft

米国美容整形外科学会Aesthetic Meeting, San Francisco論文採択. 2014

the Aesthetic Meeting by ASAPS in San Francisco. 2014

東アジア人における上顎骨の老化にともなう顔面の変化

Periorbital Bony Change with Aging in Saggital CT Analysis: Caucasion vs East Asian

第36回 日本美容整形外科学会‘顔面の老化'部門招請講演. 2013

Invitational lecture at the 36th JSAPS on ‘Facial Aging’. 2013
Periorbital Bony Change with Aging in Saggital CT Analysis: Caucasion vs East Asian
著述活動

顔面のリフティング術(さまざまな手術法と臨床的適用). 2009

Face Lift (Various surgical methods and clinical applications). 2009, Elsevier
学術論文

東洋人においてMACSリフトの適用:第3回 袋縫合と顴骨の突出に関する考察

MACS Lift on Asian: Consideration on Third Purse String Suture and Malar Region. 2009

585nm 色素レーザーを利用した顔面部 瘢痕の治療

Facial Scar Treatment Using 585nm Pulsed Dye Laser. 2009

微細自家脂肪移植術を利用した陥没した上眼瞼の矯正

Correction of Sunken upper Eyelids Using Autologous Microfat Graft. 2006