ApgujeongYK PLASTIC SURGERY

両顎手術

※回復期間、入院及び来院のスケジュールは個人差があり得ます。
  • 手術時間
    3時間
  • 麻酔方法
    全身麻酔
  • 入院の有無
    1-2日
  • 糸屑除去
    約14日
  • 来院治療
    2-4回
  • 回復期間
    約3~4週

両顎手術とは?

しゃくれた顎や長い顔、顔面非対称など下顎が上顎より多く出ているか、
歪んでいる場合は、ほとんど歯の咬合も合わない場合が多いです。

このような場合、位置と機能が正常でないので、上顎と下顎の骨を折骨して正しい位置に直す手術をいいます。
美容的な目的と咬合を合わせる機能的な目的がすべて満たされなければならず、手術結果はドラマチックで容貌に大きな変化をもたらすことになります。

両顎手術の対象

均衡がよくとれず顎が曲が
った顔面アンバランス

下顎が長くて突出
したしゃくれた顎

歯と歯茎とも飛び出
している突出口

不正咬合や開放
咬合がある場合

顔全体の長さが長い顔

立体感のない平凡な感じの顔

鴎亭YK両顎手術の特長点

  • 01 ApgujeongYK PLASTIC SURGERY
    3Dモルフェウスシミュレーション
    患者様の実際の顔を3Dでスキャンし、X-rayとCTイメージを加え、実際の骨形まで再現した後、仮想手術を進めて手術の結果を前もって知ることができます。
  • 02 ApgujeongYK PLASTIC SURGERY
    機能的問題解消
    基本的な歯の咬合と顎の関節などのさまざまな機能的問題も同時に解決します。
  • 03 ApgujeongYK PLASTIC SURGERY
    弛みのない顔
    過度に顔骨を減らして皮膚に弛みができ、顎のラインが壊れる手術はしません。

両顎手術の方法

狎鴎亭YK整形外科では、視床折骨術(SSRO;Sagital Splitting Ramus Ostectomy)とLefort折骨術を施行しております。

양악수술

STEP 01

上顎と下顎を折骨します。

화살표
양악수술

STEP 02

骨を顔の割合に合わせて一定量を入れます。

화살표
양악수술

STEP 03

ピンで固定して終えます。

先ず手術法が発展した理由は、手術方法が発展したというよりは、歯科の矯正施術が発展したために可能になった方法です。

過去には手術を先にしておいて、顔の形に合わせて矯正を安定的に進めることが難しかったのですが、現在は臼歯部の移動まで容易になることにより、顔の形を先に作っておけば、歯はそれに合わせることができるようになったのです。先ず手術した場合、手術後咬合が合わない場合が大部分なので、手術後歯科矯正を受けて再発防止と安定した咬合を得ることができます。