Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

ボディー整形

Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

狎鴎亭YK 整形外科ボディー整形

個人ごとに持っている体形と脂肪分布図、ラインなどは全てみな
異なります。あちこちに隠れているラインと自信をとり戻し、
最も理想的なボディーラインを持てるようにお手伝いさせていただきます。

Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

狎鴎亭YK整形外科は希望に合わせて差し上げます。

単に減らすか、増やす手術ではありません。個人の体形と身体的特徴及び身体全体の調和と均衡を保つ全てのものを勘案して、オーダーメード型手術を進めます。

Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

狎鴎亭YK整形外科は、老化まで考えます。

骨を多く削って直ちに多くの変化を作り出すのも重要です。
しかし、狎鴎亭YK整形外科は、患者様の大切な顔が、今はい
うまでもなく10年、20年後も、自然に美しくなれるように、
骨と皮膚まで考えた顔の輪郭手術を進めます。

Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

狎鴎亭YK整形外科は正確です。

ただ一つの結び目をしても、熟練した手術技術により正確に執刀します。専門医の正確な診断により手術の正確度を高め、患者様と病院双方が満足することができるようにします。

Apgujeong YK PLASTIC SURGERY

ボディー整形分野の狎鴎亭YK整形外科学術/研究活動です。

学術発表

マッサージが不要な乳輪切開を通した乳房拡大術

Breast Augmentation via Periareolar Approach without Postoperative Massage. 2011

女性型乳房症の複合治療法

PAL(Pressure Assisted Liposuction), UAL(Ultrasound Assisted Liposuction) and
Grandular Excision via Periareolar Approach. 2009

国際整形的 乳癌手術 シンポジウム(IOPBS)ポスター発表. 2008

Partial breast reconstruction after Lumpectomy with LD flap

乳房パラフィン種 切除後、両側横軸型腹直筋の遊離皮瓣術を利用した即時乳房再建の治験例1例:症例報告

Immediate Breast Reconstruction Using Bilateral Free TRAM Flap after Removal of Paraffinoma. 2007
教育履修

乳房整形教育履修inイスタンブール. 2006

Refresher Course on Breast Surgery on May 25th, 2006 at Pein Museum, Istanbul
海外活動

Professor:Hamdi豊乳房縮小vertical scar mammaplasty 著者

Professor:Philip Blondeel,University of gentの課長であり、世界的な乳房再建の権威者

Professor:Niranjian、王立st.Andrew’s center for surgeryの世界的な微細血管手術の整形外科の権威者(乳房再建、乳房整形)

Professor:Ramakrishnan、王立st.Andrew’s center for surgeryの課長であり、ヨーロッパ整形外科 公式ジャーナルであるJPRASの編集者(乳房再建、乳房整形)